「日本の素材産業における開発力向上に貢献したい」トヨタ自動車株式会社


自動車に関わる素材開発で培ったデータ活用のノウハウを
材料開発の大幅な効率化に役立ててほしい

トヨタ自動車が、高機能素材Week大阪展に初出展する。とはいえ、クルマを展示するわけではない。ブースでは、計測したデータを効率的に活用し、クライアント企業の素材開発をサポートする、材料分析データの解析クラウドサービス「WAVEBASE」を出展する。この名称は、誰でも簡単に材料の計測データ(WAVE)をデータベース化(BASE)できる、ことに由来している。同社は、自動車に使われる磁石や触媒、電極材料、ゴムなど様々な素材を研究開発してきた実績があり、そこで培ったデータ活用の知見を活かして開発されたのが「WAVEBASE」だ。このクラウドサービスには自社のみならず、日本の素材産業における開発力向上に貢献したい、という同社の思いが込められている。

【出展内容】

この「WAVEBASE」は、材料分析データの蓄積・前処理・特徴量抽出・統計処理・次の実験提案が一気通貫で実施可能なクラウドサービスだ。データサイエンティストがいなくても、シンプルなUIでデータを解析しながらデータをためながら開発サイクルを回すことができるので、マテリアルインフォマティクス初心者でも利用できる。材料開発において取得された分析データをそのまま活用することができるほか、技術者が計測したデータが揃わずに統計的な処理ができないといった少量のデータでも解析が可能だ。この活用によって、データドリブンな素材開発や、データ取得・活用、データ人材の育成、データによる経営判断が可能となり、開発すピートの加速化と理想的な開発文化の醸成が期待できる。また、こうしたクラウドサービスに加え、コンサルティングサービスも行っている。材料開発とデータ活用の双方を熟知したスペシャリストが、材料分析手法やデータ活用手法をクライアント企業と伴走しながらサポートする。(文:落合平八郎広報事務所)

トヨタ自動車株式会社の出展情報は下記からご確認いただけます

(図)生データから次の実験点の提案まで、一気通貫でサポート

【会社概要】
会社名:トヨタ自動車株式会社
代表者:代表取締役社長 佐藤 恒治
設立年:1937年8月
業務内容:自動車の生産・販売
ホームページ:https://www.toyota.co.jp/wavebase/